第25回日本がん分子標的治療学会学術集会

5月26-28日に完全オンライン開催された第25回日本がん分子標的治療学会学術集会において、M1 丹下くん(BAP1変異悪性中皮腫細胞株におけるCHK2の役割)と共同研究者 鈴木博士(LATS2変異悪性中皮腫に対する新規合成致死遺伝子を標的とした抗腫瘍活性の包括的評価)が口頭発表を行いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です